サマジャヤ自然保護区 | Sama Jaya Nature Reserve

サマジャヤ自然保護区 | Sama Jaya Nature Reserve

クチン市内にあるジャングルの一画にあるサマジャヤ自然保護区は、都会の人々に自然を感じさせてくれると同時に、他の役割も果たしています。クチンの市街地に残る数少ない手付かずのジャングルの一つであり、このケランガス林は、野鳥観察家や野生動物愛好家、学生などの自然愛好家に人気があります。もっとアクティブで、健康志向の訪問者は、フィットネス・トレイルや森の中のジョギング・トラックを気に入ります。

公園には、健康増進を目指す人のための設備が他にもあります。小石が敷き詰められた小道の上を裸足で歩く、リフレクソロジー・パス「健康生活の小道」です。小石が足つぼを刺激し、健康増進につながります。

Sama Jaya Nature Reserve

サマジャヤ自然保護区 | Sama Jaya Nature Reserve

自然保護や教育がこの保護区の主な目的です。森は自然な状態で残されていますが、公園本部はいくつかの教育施設や保養施設を管理しています。中でも注目は、サラワク州全土から80種以上の植物とハーブが集められた民族植物園です。

広島−サラワク州友好庭園(Hiroshima-Sarawak Friendship Garden

サラワク州の環境と経済における森の重要性に焦点を当てた「林産物、竹林、森林生物学博物館 (Timber Products, Bamboo and Forest Biology Museum)」では、サラワク州の森の素晴らしい概観を知ることができます。展望台からは、周辺の景色をパノラマで見ることができます。

「広島−サラワク州友好庭園(Hiroshima-Sarawak Friendship Garden)」では、日本の雰囲気も味わえます。サラワク森林局と広島県農林水産局、広島県造園建設業協会が共同で開設した、茶室も配されたこの日本庭園は、広島県とサラワク州の友好の深さを表しています。

 

サマジャヤは、クチンの中心街から車で10分ほどのため、森でのレクリエーションや癒し、静寂を求める地域住民の憩いの場となっています。

広島−サラワク州友好庭園(Hiroshima-Sarawak Friendship Garden

連絡先: +6 082-368528 / 368194、+6 082-248088

地域:クチン省

面積: 37.9 ha

設立年: 1999年

Location Map

Related article